肩こりは小学生でもなるんです!

「肩こり」と言うと20代後半以降の方達が悩んでいると言うイメージがあるかと思いますが、実際に年代は関係なく小学生でも肩こりに悩んでいる方はいます。
近ごろはたくさんの日本人が肩こりに悩まされていて何かしらの対策をしているようです。おそらく、かつては年少の子どもに肩こりなんて無かったはずですが、近ごろではおもてで遊ぶお子さんが減っていて屋内でパソコンやカードゲームをしたり、スマホで遊んでいたり、学習塾で長い間机に向かっていたりして肩や首すじを酷使しているので、当然肩こりも起こって当然だと思います。
肩こりは放っておいても治りにくい「しろもの」ですから、何かしらの対策を施さなければ治りません。
また成人の肩こりでは、それがきっかけで仕事が出来なくなってしまったなんてケースもあります。
肩こりがひどくて机に座っているだけで気分が悪くなってしまう事もあるのです。こうなってしまうと相当痛みも辛くて、仕事をストップしなくてはいけないなんて事もあるので、たかが肩こりなんてバカにも出来なくなってきたのです。
熟年の方では肩こりが呼び水で色んな所が凝る様になり、全身に障害を出す様にもなってきます。この様に肩こりはある特定の年齢層だけがなる「しろもの」ではなくて、児童から高齢者まで、男でも女でも誰でもなる潜在的な本質がある深刻な症状なんです。
私の周囲にも何人もいますが、互いの肩こりの対策や手段等の情報をシェアするようにしています。みなさんも情報を共有するだけでも「心配はかなり減る」はずです。