肩こりが酷くなってしまった場合

肩こりを何の対策もしないで放置してしまった場合、その肩こりはどうなってしまうのでしょうか。結論を先に言うと「重症」となる場合も出てきます。
どういう事かと言うと、肩こりを放っておくと先ずは最も目と鼻の先である首すじのところに影響が出てきてしまいます。肩こりの影響が出ると首すじも肩と同じように凝って来ることになるのです。
続きまして影響が出始めて来るのが腰になります。肩周辺の筋肉が緊張していると言う事は続いている腰にも緊張が出てきてしまって酷くなるのです。
そしてその緊張は更に神経組織を圧迫する様になり、だんだん手足も痺れだしてきます。それでもまだ何の対策もせずに放っておいてしまうと、首すじのところのヘルニアとも呼ぶべき頸椎椎間板ヘルニアと言う病気を引き起こしてしまう様になるのです。
首すじは全身すべての神経細胞が集まっているところでもあります。そんな所のヘルニアになってしまったら、神経組織や脊髄を圧迫する事になってしまい、痺れだけじゃなくて色んな異常を引き起こしてしまう事になるのです。
ここまで重症化してしまうと安静にしていなくてはならなくなり、動くことを制限されてしまいます。
ただここまで重症化するのは実際には本当に稀な事だと思いますが、全くならないかと言うとそんな事はありません。肩こりを放っておくとこうした重症化してしまう事があると言う事をしかるべき知識として覚えておいて、スピーディーに対策をして治す様な努力をしていきましょう。
たかが肩こりかもしれませんが、その肩こりが全身を蝕む事もあると言う事は忘れないでほしいと思います。