肩こりが慢性化する前に対策しましょう

肩こりを解消させる為の対策として最も好ましいのは「安静にしている」事らしいです(笑)
でも四六時中安静にしているって生活をするなんてあり得ないですよね。仕事、炊事洗濯等で絶えず体を動かしている事の方がざらですから。
日常の暮らしのうちで利き腕を使わない一日、肩を使わない一日はほぼ皆無と言って妥当だと思います。
また目、首すじ等も使わない日は皆無ですよね。それだけこの箇所が酷使されていると言う事になるのですから、肩こりは普段私たち誰にでも起こりうる生活習慣でのゆがみだと言えます。
でもだからと言って何の対策もせずに放っておいてしまっては肩こりが慢性化してしまって将来的にも肩こり、首すじの悩み、頭痛に悩まされる様になってしまいます。そうなると生活するだけでも辛くなってくるので一大事です。
ですから、まずはじめの肩こり対策としては肩こりを慢性化させない様に、現時点以上に酷くならない様にする事が大事です。
肩こりは血液循環の問題のせいでおこります。肩が凝っているからと言って肩ばかり揉んでも論外で、肩の血液循環が悪いと言う事は背部、首すじ、両腕、頭部と言った様に隣接するパーツも血液循環異常がある事が大部分なんです。
肩だけじゃなくて肩まわりをまんべんなくしっかりとほぐして行かなくてはならないのです。
しきりに肩こりが酷いからと言って肩ばかり揉むする方がいますが、これだと本質的な解決にはなりませんので肩こりの発端となる所を探し出してまるまると対策を施して行く様にしないといけないのです。直ぐに症状がおさまるのはむずかしいですが、続ける事で慢性化にならず実感できると思いますのできちんとした配慮をしていきたいところです。