【眼精疲労】からくる肩こりの対処法

「眼精疲労」で悩んでいる方はいっぱいいると思います。中でも長時間コンピューターに向かって作業をしていたり、細工仕事など物体を長期間見る様な作業をしている方は眼精疲労になる方もめずらしくないようです。
しかしこの眼精疲労、放っておくと肩こりを発生させる引き金となってしまうのです。ですから眼精疲労対策が肩こり解消に繋がり得る事を1つ覚えておきましょう。
眼精疲労と言うほどですからわかり易く言えば「疲れ目」
この「疲れ目」は単なる疲れ目で済ませられないありさまになる事もあり、徴候が進んでしまうと肩こり、偏頭痛、嘔吐感、たちくらみ、倦怠感等を引き起こしてしまいます。
眼精疲労では眼球を無理やり酷使してしまう事でいつの間にかなってしまいます。その倦怠感にも似た症状は眼球や首すじ、肩周辺に筋肉疲労として溜まって行きます。
合わせて作業している空間や条件が悪いせいで、ドライアイになりがちだったり、テクノフラストレーションを起こしやすかったり、心の根源的なフラストレーションを感じる様になったりするのです。
最新の研究では、眼精疲労はフラストレーションが心性的に強く影響しているようです。
それでは、眼精疲労の治療についてお話しましょう。
ちょくちょく眼球を動かさない場面、すなわちゆっくり眠って眼球を休める事で眼精疲労が回復してくると思われがちですが、それほど意味が無いとの研究結果も出ています。
自宅で出来る眼精疲労の的を射た対策アプローチとして、例えば「めぐリズム」のような温熱効果のあるリラックスできるアイテムを就寝前に使うことが挙げられます。
よく目を冷やした方がよいのか?温めた方がよいのか?という議論がされますが、これはどちらもしっかり効果があるので、実はどちらでも構わないそうです。
こうした眼精疲労による疲労病は肩こりのきっかけの1つとなってしまうのです。ですからきちんとした対策アプローチで治して行く様にしましょう。