肩こりは小学生でもなるんです!

「肩こり」と言うと20代後半以降の方達が悩んでいると言うイメージがあるかと思いますが、実際に年代は関係なく小学生でも肩こりに悩んでいる方はいます。
近ごろはたくさんの日本人が肩こりに悩まされていて何かしらの対策をしているようです。おそらく、かつては年少の子どもに肩こりなんて無かったはずですが、近ごろではおもてで遊ぶお子さんが減っていて屋内でパソコンやカードゲームをしたり、スマホで遊んでいたり、学習塾で長い間机に向かっていたりして肩や首すじを酷使しているので、当然肩こりも起こって当然だと思います。
肩こりは放っておいても治りにくい「しろもの」ですから、何かしらの対策を施さなければ治りません。
また成人の肩こりでは、それがきっかけで仕事が出来なくなってしまったなんてケースもあります。
肩こりがひどくて机に座っているだけで気分が悪くなってしまう事もあるのです。こうなってしまうと相当痛みも辛くて、仕事をストップしなくてはいけないなんて事もあるので、たかが肩こりなんてバカにも出来なくなってきたのです。
熟年の方では肩こりが呼び水で色んな所が凝る様になり、全身に障害を出す様にもなってきます。この様に肩こりはある特定の年齢層だけがなる「しろもの」ではなくて、児童から高齢者まで、男でも女でも誰でもなる潜在的な本質がある深刻な症状なんです。
私の周囲にも何人もいますが、互いの肩こりの対策や手段等の情報をシェアするようにしています。みなさんも情報を共有するだけでも「心配はかなり減る」はずです。

肩こりの3大要因【生活習慣】を見直そう

根源が分かれば肩こりの的を射た対策な事が出来るでしょう。
肩こり対策をする為にも、まずあなたの肩こりの根源を探ってみましょう。
肩こりは生活スタイルから引き起こされる変調ですので、是非毎日の生活のおこないを再考してみましょう。なぜなら生活スタイルや生活空間によって肩こりが起きたり起きなかったりするから。
肩こりを引き起こしてしまう3大原因をしっかり覚えておいてくださいね。
肩こりの3大原因とは
「姿勢の悪さ」
「運動不足」
「フラストレーション」
「過度なストレス」
が挙げられるそうです。
積極的にこれらの根源を解消し対策していかないと、肩こりはどんどん悪くなるばかりです。また昔に比べ私達の生活を見てみると随分手間いらずな生活をしていると思います。
家電でもそうですが、どんどんイージーに手間いらずで早く処理してくれる家電が売れていますし、そうした事を観点に開発しているとも思われます。
言うまでもなく暮らしが快適になる事は心地良いのですがj、これで引き起こされるのが全身を動かさない事による運動不足と筋肉の低下です。
例えば自動車でしょっちゅう行っている所があるのであれば、市街電車を使ったり自転車をこいでみたりウォーキングに切り替えてみたりすると申し分ないはずです。
仕事で連続的に座りっぱなしの方もプリンターをWi-Fiなどでかなり離れた場所に設定するとかして極力椅子を立つ様な生活習慣にしてみたりとかすると自然と体を動かす習慣がつきます。
また休日の時はソファーでテレビを見てスイーツを食べてダラダラと過ごすのではなくて、何かしらできる楽しい趣味を見つけて全身を動かせる様に普段生活を変えて行く事も重要なです。
生活スタイルを再考してみて改められる事は改め、全身を動かして筋肉をほぐせる様な、肩こり解消に大いに役立てる生活スタイルに少しずつ改善していきましょう。

肩こりでなる代表的な病気とは?

どれほど肩こり解消に有能だと言われる対策手順をチェックてみても全然肩こりが解消されなくてどうしようと悩んでいる方は予想を上回るほどたくさんいるそうです。
そんな時には、単なる肩こりと言うのではなくて何か他の事がキッカケで肩こりが起こっているかもしれないと言う事も想定しておかなくてはいけません。
単なる肩こりが酷くなっているだけだと思って通常の肩こり対策しかやらず変わらないままに放っておくと、実は全然違う病気の表面化で肩こりが起こっていたと言う事もそれなりに有る話なのです。
通常の肩こりのケースでは、対策を行う事で100パーセントにとは言わなくても少しずつ良くなってくるはずです。しかしどれほど対策をしてみても全然良くならず、良くなるどころか更に苦しみが悪化していき、頭痛とかめまいとか他の徴候も併発していった時にはどこか病気なのではないかと疑うべきでしょう。
肩こりの自覚症状が現れる病気として代表的なものには以下のようなものが挙げられます。
・内臓疾患(心臓病・肝臓病等)
・高血圧症等
これらの病気から出る肩こりの変調は、凝るポイントが一般のの肩こりと比べて違うので、どれほど肩こり対策しても肩こりが治らないと言う方は、一回クリニックで診察を受けた方が好ましいと思います。
何の自覚症状でもそうなのですが、いつ頃から自覚症状が現れ、どこが痛むか等、自分自身の肉体の現況を常日頃からチェックしておくのが申し分ないのです。
また病気じゃなくても歯並びに問題があるとか、フラストレーションが溜まっているとかと言う事からも肩こりは起こり得ますので、肩こりに悩んでいる方は怠りなく発端を突き止める様にしておいた方がよろしいでしょう。

肩こりから起こる緊張型頭痛のお話

「肩こり」と「頭痛」。
この2つは切っても切り離せない関係ではないかと思います。
肩こりの「皆さん」で頭痛で悩んでいる方は決してめずらしい事ではないんです。
「緊張型頭痛」と言うのが肩こりから来る頭痛の事を指しています。実際のところ「肩こり解消対策」をする事で頭痛もひとりでに解消に向かう実例もあります。緊張型頭痛の見分けるポイントとしては、肩こりの自覚症状がはじめに現れて後で頭痛に発展して行くと言う一面が見受けられます。
これは肩こりで肩の筋肉が緊張してしまい、その緊張が脳天の方にまで伝わって頭痛となってしまうと言うプロセスなのです。頭痛の傷み方についても一癖がある様で、肩こりから来る緊張型頭痛は後頭部周辺が痛くなったり、後頭部から首すじにかけて痛くなったり、頭頂部が締め付けられる様なずきずきが起こったりします。
これらの変調は偏頭痛とはまた違った頭痛になりますので、吐き気が来る事は無いみたいです。こうした肩こりから頭痛が来た事態では、どこかよその場所の痛みを引き起こす可能性も秘めていて、眼精疲労を伴ったり、めまいが起きやすくなったりします。
またこうした自覚症状が続くと慢性的に全身が気だるさを感じる様になり、色々なからだの障害も訴える様になってきます。
こうした肩こりから来る頭痛の対策手段としては、結局のところ肩こりを解消させる事がとても肝心ですので緊張した筋肉を解してあげる様な対策をしていく事が何よりも重要かもしれません。
継続的に対策をして肩こりだけじゃなくて頭痛やどこかよそのからだの場所の自覚症状も一緒に改善していきましょう。

肩こりが慢性化する前に対策しましょう

肩こりを解消させる為の対策として最も好ましいのは「安静にしている」事らしいです(笑)
でも四六時中安静にしているって生活をするなんてあり得ないですよね。仕事、炊事洗濯等で絶えず体を動かしている事の方がざらですから。
日常の暮らしのうちで利き腕を使わない一日、肩を使わない一日はほぼ皆無と言って妥当だと思います。
また目、首すじ等も使わない日は皆無ですよね。それだけこの箇所が酷使されていると言う事になるのですから、肩こりは普段私たち誰にでも起こりうる生活習慣でのゆがみだと言えます。
でもだからと言って何の対策もせずに放っておいてしまっては肩こりが慢性化してしまって将来的にも肩こり、首すじの悩み、頭痛に悩まされる様になってしまいます。そうなると生活するだけでも辛くなってくるので一大事です。
ですから、まずはじめの肩こり対策としては肩こりを慢性化させない様に、現時点以上に酷くならない様にする事が大事です。
肩こりは血液循環の問題のせいでおこります。肩が凝っているからと言って肩ばかり揉んでも論外で、肩の血液循環が悪いと言う事は背部、首すじ、両腕、頭部と言った様に隣接するパーツも血液循環異常がある事が大部分なんです。
肩だけじゃなくて肩まわりをまんべんなくしっかりとほぐして行かなくてはならないのです。
しきりに肩こりが酷いからと言って肩ばかり揉むする方がいますが、これだと本質的な解決にはなりませんので肩こりの発端となる所を探し出してまるまると対策を施して行く様にしないといけないのです。直ぐに症状がおさまるのはむずかしいですが、続ける事で慢性化にならず実感できると思いますのできちんとした配慮をしていきたいところです。

肩こりが酷くなってしまった場合

肩こりを何の対策もしないで放置してしまった場合、その肩こりはどうなってしまうのでしょうか。結論を先に言うと「重症」となる場合も出てきます。
どういう事かと言うと、肩こりを放っておくと先ずは最も目と鼻の先である首すじのところに影響が出てきてしまいます。肩こりの影響が出ると首すじも肩と同じように凝って来ることになるのです。
続きまして影響が出始めて来るのが腰になります。肩周辺の筋肉が緊張していると言う事は続いている腰にも緊張が出てきてしまって酷くなるのです。
そしてその緊張は更に神経組織を圧迫する様になり、だんだん手足も痺れだしてきます。それでもまだ何の対策もせずに放っておいてしまうと、首すじのところのヘルニアとも呼ぶべき頸椎椎間板ヘルニアと言う病気を引き起こしてしまう様になるのです。
首すじは全身すべての神経細胞が集まっているところでもあります。そんな所のヘルニアになってしまったら、神経組織や脊髄を圧迫する事になってしまい、痺れだけじゃなくて色んな異常を引き起こしてしまう事になるのです。
ここまで重症化してしまうと安静にしていなくてはならなくなり、動くことを制限されてしまいます。
ただここまで重症化するのは実際には本当に稀な事だと思いますが、全くならないかと言うとそんな事はありません。肩こりを放っておくとこうした重症化してしまう事があると言う事をしかるべき知識として覚えておいて、スピーディーに対策をして治す様な努力をしていきましょう。
たかが肩こりかもしれませんが、その肩こりが全身を蝕む事もあると言う事は忘れないでほしいと思います。

【眼精疲労】からくる肩こりの対処法

「眼精疲労」で悩んでいる方はいっぱいいると思います。中でも長時間コンピューターに向かって作業をしていたり、細工仕事など物体を長期間見る様な作業をしている方は眼精疲労になる方もめずらしくないようです。
しかしこの眼精疲労、放っておくと肩こりを発生させる引き金となってしまうのです。ですから眼精疲労対策が肩こり解消に繋がり得る事を1つ覚えておきましょう。
眼精疲労と言うほどですからわかり易く言えば「疲れ目」
この「疲れ目」は単なる疲れ目で済ませられないありさまになる事もあり、徴候が進んでしまうと肩こり、偏頭痛、嘔吐感、たちくらみ、倦怠感等を引き起こしてしまいます。
眼精疲労では眼球を無理やり酷使してしまう事でいつの間にかなってしまいます。その倦怠感にも似た症状は眼球や首すじ、肩周辺に筋肉疲労として溜まって行きます。
合わせて作業している空間や条件が悪いせいで、ドライアイになりがちだったり、テクノフラストレーションを起こしやすかったり、心の根源的なフラストレーションを感じる様になったりするのです。
最新の研究では、眼精疲労はフラストレーションが心性的に強く影響しているようです。
それでは、眼精疲労の治療についてお話しましょう。
ちょくちょく眼球を動かさない場面、すなわちゆっくり眠って眼球を休める事で眼精疲労が回復してくると思われがちですが、それほど意味が無いとの研究結果も出ています。
自宅で出来る眼精疲労の的を射た対策アプローチとして、例えば「めぐリズム」のような温熱効果のあるリラックスできるアイテムを就寝前に使うことが挙げられます。
よく目を冷やした方がよいのか?温めた方がよいのか?という議論がされますが、これはどちらもしっかり効果があるので、実はどちらでも構わないそうです。
こうした眼精疲労による疲労病は肩こりのきっかけの1つとなってしまうのです。ですからきちんとした対策アプローチで治して行く様にしましょう。

肩こりが起こる原因について

何故肩こりになってしまうのか根源を知りたいと言う方はかなりいると思います。そしてこのページを訪れた方は正に今、肩こりで悩んでいて是非知りたいと思う方ではないでしょうか?
一言で肩こりと言ってもそのキッカケによって対策の練り方も変わってきます。
肩こりが何故起こるのかそのきっかけはさまざまあります。
運動不足だったり生活スタイルが規則正しくなかったりする事もきっかけの1つでしょう。
しかしいまどきでは筋肉疲労が肩こりのきわめて大きい原因ではないかと考えられている様です。
近年ではパーソナルコンピューターの普及に伴い、自宅でも勤め先でもパソコンに何時でも向かっている方が増えてきている様な風潮です。
つまり長期にわたって座ってずっと格好で作業をしている方がざらにいるわけですが、これは特定の筋肉だけを動かし続けているのと大差ない事ですので筋肉疲労が起こりやすくなる訳です。
パソコンを使う状況では上半身全体を使ってますよね。これが肩こりが増えているこの上ない原因なんです。
またパソコンを連続的に見ている事で視力が疲れてきますよね。こうなると頭部~首を酷使しているのと同然事ですから、肩周辺がとても疲労しやすくなってしまい血のめぐりが良くなくなって肩こりになってしまう様にもなるのです。
また視力が元々悪くてコンタクトとかメガネをかけている方は、なにがなんでも集中的にスクリーンを見る様になってしまいますので更にだるさが現れやすくなってしまい、さらに肩周辺の筋肉を集中的に使って筋肉疲労を起こしてしまいがちになります。
こうした事も肩こりの呼び水となりますので、これに合わせて対策や進め方を心がけて行かなければならないのです。